大局的に物事を見て、長期的に考える。そして、世の中の変化に適応した姿へと自らを変えていくために、根本的に手を打っていく」これが信念だという橋本雅博は、2003年に労働組合の窓口である勤労部長に就任した後、主力販売チャネルの営業職員の制度改革を担当した。改革の要諦は、保険販売の“量”より“質”を重視する品質経営への転換にあった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。