「将来、だれもが15分間は世界的な有名人になるだろう(In the future, everybody will be world- famous for 15 minutes)」―。今から半世紀近く前、米ポップアート界の大御所アンディ・ウォーホールはメディアの急激な進化を予言してみせ、それは見事なまでに的中した。森美術館(東京・六本木ヒルズ)で開催中のアンディ・ウォーホール展に行くと、シニカルな表現で未来社会の本質を鋭く突いていた彼の洞察力に改めて感服する。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。