日本食がユネスコの無形文化遺産に認定され、日本酒もパリやニューヨークで大いにブームとなっている。そのような日本文化のグローバル浸透のリーダーの一角を担っているのが、純米大吟醸酒の「獺祭」だ。獺祭は純米大吟醸酒市場でシェア5%を占める最大ブランドであり、いまやなかなか入手困難である。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。