「椎名裁定」にその名を残す自民党の元副総裁だった椎名悦三郎。岩手県水沢町(現奥州市)出身で江戸時代の蘭学者、高野長英の血筋を引く。椎名は池田勇人、佐藤栄作の両内閣で外相を務めている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。