小さな失敗から大きな賠償が発生するものまで営業にミスは付きものだ。大事なのは上手に謝罪しピンチを切り抜けることだが、誠意だけでは不十分。相手に許しを得るにはコツが必要だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。