「LCC(格安航空)元年」とされた2012年から2年、日本のLCCを取り巻く状況は、刻一刻と変化している。全日本空輸(ANA)とエアアジア(マレーシア)の共同出資によるエアアジア・ジャパンは、商業運航からわずか1年2カ月で幕を閉じた。同社は、ANAの100%子会社となり、13年12月からバニラ・エアとして再出発した。成田空港拠点のLCCとして事業を軌道に乗せられるか、再挑戦の意気込みを聞いた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。