年明け以降、外国為替市場や株式市場でボラティリティー(価格変動率)が高まり、当ての外れた投資家からは悲鳴が聞こえてくる。円・ドル相場が円高に振れやすくなり、日経平均株価は一時、1万5000円の大台を割り込んだ。年初に大方のエコノミストが予想した展開とは様相が異なり、ビッグデータの時代になっても経済は予測不能の生き物だと痛感する。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。