「ついに拓銀が資金繰り破綻 道内経済と金融システム激震」。「ダイヤモンドレポート」(1997年11月29日号)は、11月17日、営業資産を第二地銀の北洋銀行に譲渡して消滅することとなった北海道拓殖銀行の破綻をこのように伝えた。またそのわずか1週間後、四大証券の一つであった山一證券が、不正会計による損失隠しの発覚によって、自主廃業に追い込まれた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。