1995年1月17日午前5時46分、兵庫県南部を震源とするマグニチュード7.3、最大震度7の大地震が発生した。この阪神淡路大震災による被害は、死者6434人、行方不明者3人、負傷者4万3792人に上り、被害総額は約10兆円に達した。当時における戦後最大の災害被害であった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。