ルノーのシュバイツァー会長(当時)が日産自動車の役員に非公式に同社副社長のカルロス・ゴーン氏を紹介したのは、日産の再生を期してルノーとの資本提携に踏み切ることがまだ公になる前の1998年10月のことだった。ゴーン氏は日産の取締役会で、ルノーがコストカットをどう実践しているか、という名目で講演した。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。