人口減などに起因する想定外の現象が日本社会を覆っている。都市部にまで広がり始めた空き家もその一つで、いまやその対策は全国共通の課題だ。だが、使われぬまま放置される建物は民家に限らず、不要な公共施設もまた大きな問題となっている。取り壊しを先送りしてきたツケが、自治体に回ってきているのだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。