これでも物書きの端くれ。本質を突くものでなければ、心が動かない。作り物の感動には、嫌悪感さえ覚える。その立場からの感想だ。『83歳の女子高生球児』には、完全にやられた。何しろ描かれていることが、現在進行形の真実なのだから。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。