4月に環境省の外局として「原子力規制庁」を設置する政府案がまとまった。新組織は原子力安全・保安院が抱えていた問題点を解決できるのか。同庁設立に尽力した民主党衆議院議員・平智之氏と、原子力開発のエンジニア経験を持つ大前研一氏が徹底的に語り合う対談、前編。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。