2014年の国内政治は「ダブル地方選」で幕を開ける。1月19日投票の名護市長選と2月9日投票の猪瀬直樹の辞職に伴う東京都知事選。いずれも選挙結果が首相の安倍晋三の政権運営に直結する。とりわけ、新しい都知事は安倍自身が招致を実現した「東京五輪の顔」だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。