米国で富裕層へのブッシュ減税や給与減税打ち切り、歳出削減などの影響がなくなることや欧州の景気回復、中国の景気安定などにより、2014年の世界経済の実質成長率は13年に比べてやや高まると予想している。重要なことは日米欧の長期金利は上昇するにしても、金利曲線は景気回復をすでに織り込みつつあり、上昇ペースは13年ほど急激なものにならないということだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。