NSA(米国家安全保障局)が、ドイツのメルケル首相を含む同盟国首脳の盗聴をしていたことが明るみに出た。もっとも、NSAがこのような盗聴をしていることはインテリジェンスの世界では常識だ。むしろメルケルが首相になってからも、盗聴可能な携帯電話を用いていたという「意識の遅れ」のほうが問題だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。