これまでにワールドカップ(W杯)で優勝した国は八つしかない。ウルグアイ、イタリア、西ドイツ(現・ドイツ)、ブラジル、イングランド、アルゼンチン、フランス、スペインだ。前回の2010年南アフリカ大会ではスペインが初優勝したが、その前となると1998年大会でのフランス、78年大会でのアルゼンチンまでさかのぼらなければならないように、“優勝経験国リスト”に新たな名前が刻まれる機会はそう多くはない。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。