12月6日にまとまった新しい「エネルギー基本計画」の草案は、焦点の原子力発電の位置づけについて「重要なベース電源」としながらも、「原発依存度は可能な限り低減」させると記述。さらに、ただし「必要とされる規模を確保」するとも書き込んでいる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。