2014年は、あらためて「日本的雇用システム」のあり方が問われる年になると予想する。金融・財政政策の効果が薄れる中、民間の自律回復力が試される。成長戦略に対する政権の本気度が問われ、外国人投資家などからの関心も高い雇用制度改革での成果が求められるだろう。成長戦略の主役は民間企業であり、その活性化には事業構造見直しが不可欠で、それには労働移動の円滑化が鍵になるからだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。