暗黙の了解のうえに築かれてきたカメラメーカーとレンズメーカーの関係に亀裂が入るかもしれない。あるメーカーの関係者は両者の関係は「公園のシーソーのように微妙なもの。安価なレンズを提供しているうちはユーザー増加という点でカメラメーカーに貢献するが、レンズの性能が向上すれば一気に競合関係になる」と解説する。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。