11月最後の金曜日、感謝祭の翌日に当たる「ブラック・フライデー」は、米小売業界にとって最大の年中行事だ。消費者は感謝祭のディナーを終え、夜中過ぎから量販店や百貨店前に並び、未明にいっせいに開く店舗の中に駆け込んで、大安売りの家電や衣料品を買いあさる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。