日本の政治の劣化が指摘されて久しいが、それは社会問題を近視眼的にしかとらえられないようなムードが蔓延していることに象徴される。“弱者救済”という美名の下で、一部の人びとを救うためにつくられた法律が、不必要な規制を引き起こして経済全体を萎縮させている。根本には、選挙基盤の弱い政治家たちが、支持を集めるために聞こえのいい政策に乗じている現実がある。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。