11月20日のニューヨーク株式市場。10月の小売売上高が予想以上に好調だったことなどから朝方から強含みの展開になったものの、午後に入って一転して売りが膨らんだ。原因はtapering(テーパリング)だった

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。