9月25日の夜、東京都内にある高級ホテルの中華料理レストラン。そのVIPルームに、ある男が姿を現した。自らが主催してきた、ある秘密裏の食事会に出席するためだ。その名は、「イゴンヒ 友の会」──。通称「LJF会(LeeKunHee Japanese Friends会)」の存在は、これまで公に報じられたことがない、奇妙な日韓の親睦会だ。韓国を代表するサムスングループの李健熙(イ・ゴンヒ)会長が、日本を代表する電子部品メーカー9社の“首領”たちと食卓を囲みながら、ざっくばらんに本音トークを交わす場になってきた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。