広大な大草原での遊牧生活と近代化の波が共存するモンゴル。この国で、都市計画を任されている日本人をご存じだろうか。建築家の有馬裕之氏である。ロシアの高級リゾート開発やベトナムの商業複合施設、中国の高層ビルなど、海外での活躍が際立つ有馬氏が、モンゴル政府から依頼を受けたのは数年前のこと。これまでに10件ほどのプロジェクトを担当してきた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。