年ぶりに「衆参ねじれ状態」が解消され、臨時国会では首相の安倍晋三の独り舞台が続く。内閣支持率も60%前後の高値安定。ところが、目を凝らすと官邸と自民党の間に隙間風が吹き、政権の足元は意外なほど脆いことが見えてくる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。