資源を人工的に育てて増やすはずの養殖が資源を枯渇させる──。こんな皮肉な例が起こっている。水産庁の調査によると、先で取り上げたクロマグロ未成魚の乱獲の原因として2000年から急速に増えてきたのが、養殖向け。太平洋クロマグロの未成魚の漁獲の半数近くが養殖種苗用の稚魚向けとなっている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。