天下り人事の復活か――。10月に実施された日本政策金融公庫のトップ交代をめぐって、そうした批判が渦巻いている。帝人の元会長で、5年間にわたり日本公庫の総裁を務めた安居祥策氏に代わり、新たに総裁に就任したのは、元財務事務次官で直近まで副総裁を務めていた、細川興一氏(66歳。写真)だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。