10月21日から始まった衆院予算委員会。あらためて「1強多弱体制」を実感した。予算委員50人のうち自民党は委員長の二階俊博以下31人。これに公明党の3人を加えると与党は34人。一方の野党側は、民主党と日本維新の会がそれぞれ6人。以下みんなの党2人、共産党と生活の党は1人ずつ。社民党に至っては委員すら送り込めていない。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。