2度目となる大規模システム障害で窮地に陥ったみずほフィナンシャルグループ。金融庁の圧力と顧客不信のすさまじさに押されて経営体制の刷新を検討するも、またぞろ内部抗争の火種がくすぶり始めた。凋落した企業価値を取り戻すには何が必要か。(2011年6月18日号特集「みずほ再々編の五里霧中」)

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。