みずほグループ「1兆円増資計画」の成否に注目が集まっている。優先株発行によって国内取引先1000社以上から資本調達する筋書きはひと筋縄ではいかず、取引先の不満は募っている。支店現場は増資要請に追われて、新規営業に手が回らない。腕力にモノをいわせた増資は、思わぬ後遺症を招く恐れもある。(2002年2月22日号ダイヤモンドレポート)

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。