このたび金融庁が矢継ぎ早に行った異例の人事が、財務省や金融庁、金融業界でも話題となっている。9月20日、金融庁は、米マッキンゼーやGEコンシューマー・ファイナンス(現新生フィナンシャル)などを経て、大阪府特別参与などを務めた大庫直樹氏と、産業再生機構出身で経営共創基盤のパートナーを務める村岡隆史氏の2人を非常勤参与として採用。銀行に対して、成長分野への新規融資促進に当たってもらう。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。