大阪府7位の高槻病院は、周辺の大学病院と機能分担し、周産期、救急、小児医療に重点を置く。周産期では出生前診断の症例数も多い。「救急と紹介患者は断らない」がモットーであり、病床の高稼働を維持しながらも、満床によるキャパシティオーバーに陥らないようベッドコントロールを徹底。高槻市内15病院のうち、全体の3割の救急車搬送を受け入れ、小児科・小児脳外科は7割以上を一手に引き受けている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。