京都の四条通りから下った高瀬川を背に鴨川を渡る団栗橋。団栗橋と川端通りとの角にあるのが、創業130余年というおでんの店「蛸長」だ。風に揺れる暖簾を払えば、凜とした空気の店内。大規模な改修の後にもカウンターの天板などを残して、従前の枯れた雰囲気にもなじめる設えになっています。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。