われわれの国債運用の方針は、投資妙味があれば買うし、なければ減らす──基本的にこれに尽きる。日本銀行の異次元緩和は、日銀が国債を大量に買って金利水準を低位に安定させることで、国債を買ってもそんなにもうからないようにする、というメッセージが込められた政策なのだと解釈している。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。