来年4月の消費税率引き上げ時の経済対策で注目されるものに、復興特別法人税の前倒し廃止がある。約9000億円の代替財源の確保、被災地の十分な理解、賃金上昇へつなげる方策と見通しなどの前提条件を満たした上で、12月中に廃止に向けて最終的な結論が出される見込みだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。