来年3月で就任後4年がたつキリンホールディングス(HD)の三宅占二社長の後継人事についてさまざまな観測が飛び交っている。有力なのは経理・企画畑の長いキリンHD常務の小林弘武氏、営業畑が長くメルシャン社長も経験したキリンHD常務の鈴木徹氏、中間持ち株会社キリンとキリンビール社長を兼務する磯崎功典氏の3人だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。