灯台下暗しとはこのことだろう。向かうところ敵なしの首相、安倍晋三に「死角」が顔をのぞかせた。同じ与党の公明党との“神経戦”がエスカレートしてきたのだ。やや旧聞に属するが、夏の霞が関の省庁幹部人事で安倍と公明党の国土交通相、太田昭宏の間で火花が散ったことがあった。安倍は幹部人事のほとんどを官房長官の菅義偉に任せたが、いくつかのポストについては安倍自身が強くこだわった。その中の一つが海上保安庁長官ポストだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。