新製品は普通、最低でも1万台は売れる。しかし、3000台しか売れず、「反省していろ」と組織は即解散、ひどい目に遭った(笑)。当時のコンセプトは、精密機械の技術で他社にできない情報機器を作ること。1週間持つ電池や、非接触で充電とパソコンとのデータ通信を可能にする防水構造、パソコンのスケジュール帳とリンクさせ、時間が来ると通知する機能など、約2年かけて開発した。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。