企業が新商品を売り出す方法として、著名人を起用して宣伝する方法はよく目にする。短期的に訴求するには効果的ではあるものの、商品より著名人のほうが目立ってしまい、結果的に商品自体の寿命が短く終わってしまうケースも少なくない。そうした中、架空の人をゼロから作り上げ、彼の身に着けるものを商品化するという新たな試みを始めている人物がいる。映画「おくりびと」の脚本を手がけ、テレビ番組「料理の鉄人」などの放送作家、熊本のマスコットキャラクター「くまモン」のプロデューサーとして知られるヒットメーカー、小山薫堂氏だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。