世界のアナログ半導体市場で17%とトップシェアを誇るテキサス・インスツルメンツ(TI)。2013年上半期の売上高59億ドルのうちアナログと組み込み半導体の割合は78%を占めるが、かつては40%以下だったという。4月に日本TIの社長に就任した田口倫彰氏に姿を変え続けるTIの戦略を聞いた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。