今野敏『宰領』は、「隠蔽捜査」シリーズの第5弾。とはいっても内容的に続いているわけではないので、これまでの4作を読んでいないという人でも大丈夫。しかし初めてこのシリーズを読むとびっくりするかも。というのは、国会議員の行方がわからないというところから始まる物語だが、中心になるのが主人公竜崎伸也が周囲の人間の心理を読むことだからだ。乱暴に言ってしまえば、事件の行方はどうでもいいのだ。今こいつは何を考えているのか、ということについて竜崎の脳は猛烈に回転する。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。