ドラマ「半沢直樹」でにわかに脚光を浴びる銀行業界。彼が生きる都市銀行とはどんな世界なのだろうか。かつて大都市圏に本店を置く都市銀行は13行あり、護送船団方式という名の金融行政に守られていたため、入ったら一生安泰とされた。しかし、1990年代初めのバブル崩壊で軒並み経営が悪化、金融ビッグバンを経て、現在は3メガバンクグループに集約された。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。