ウォルト・ディズニーは、無類の“新しもの好き”だった。誰もしたことがないことをやる──。この男の超凡たるところは、徹頭徹尾それを貫いたことであろう。漫画家を志していた青年が、アニメーションという動く漫画に出会い、その魅力に取りつかれたのは1920年。個人事務所を設立し、初のアニメ動画を創作した。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。