消費税増税の是非をめぐり、政府は有識者からヒアリングを実施した。それには、「今後の経済財政動向等についての集中点検会合」という、仰々しい名前が付けられていた。しかし、実施時期や税率引き上げ幅には流動的な要素があるものの、消費税増税という既定路線に変わりない。「国民の声にちゃんと耳を傾けた上で、私は最終決断しましたよ」という、安倍晋三首相の「アリバイ作り」のような気がする。それに加えて、「経済先行きに不安が残る中でギリギリの決断」を国民にアピールできれば、来年初めに再び大型補正予算を編成する際の「口実」にもなる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。