老化現象は、皆に分け隔てなく訪れるもの。むろん甘んじて受け入れなければなりません。 ただし、時折「ほんとうに厄介だなあ」と嘆きたくなるのが老眼です。ピント合わせの水晶体が硬くなってしまい、手元の原稿が見えづらくなってから、はや10年。遠近両用眼鏡はなくてはならないモノになりました。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。