小学4年生の息子を持つ、宮田毅さん(仮名、40歳)は、息子の中学受験に向けて、翌年2月から進学塾に通わせることにした。年間の費用は60万円。教育資金一括贈与制度で親から800万円の贈与を受けており、その口座にある資金を使うことにした。1月は海外出張などでバタバタするため、年末のうちに口座から資金を払い出し、年明け後、すぐに契約・支払いを済ませ、領収書を受け取った──。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。