自動車や電機メーカーなどに材料を供給するAGC旭硝子が、価格だけの競争に巻き込まれないようにするため、消費者に新たな価値を提供できるモノづくりを強化している。その象徴的な商品が「UVベールプレミアム」だ。自動車用ガラスで紫外線を99%カットできることが特徴。100%近く紫外線をカットできる自動車用強化ガラスの商品化は世界で同社が初めて。トヨタ自動車が2010年、それを小型車「ヴィッツ」に採用して、以降、多くの自動車メーカーが採り入れている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。