すでに日本の世帯は片働きから共働きに移行していて、絶対数は共働きが多い。それにもかかわらず、あらゆる制度の中に、片働きを想定したものが残っている。だから、ワーキングマザーも、イクメン(育児に積極的な男性)も、介護をしながらの社員も、働きにくい。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。