日本のメディアはあまり伝えていないが、欧州では米国の国家安全保障局(NSA)による盗聴が大きな政治問題となっている。「同盟国を盗聴することは許されない。冷戦はすでに終わっている。技術的に可能なことなら何でもやってよいというわけではない」。普段は言葉づかいに慎重なドイツのメルケル首相は今年7月、珍しく強い口調で米国を批判した。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。